流行したキャベツダイエット

もともと肥満体型というわけではなかったのですが、上半身に比べて下半身のボリュームが大きくて悩んでいました。
スタイルを気にしていた20代前半の頃は、健康情報番組でとりあげられたダイエット法はくまなくチャレンジするようなダイエットおたくでした。
キャベツダイエットが流行したのは、8年くらい前だったと記憶しています。
もともと野菜が好きではないので、苦労しました。
1日の中で、職場でとる昼食だけをキャベツに替えました。
持参した味噌をつけて、生のキャベツをかじって…貧乏な人みたいですね。
結果としては、確かに痩せました。
身長が168センチで、元が54~55キロだった体重が、50キロくらいになりました。
でも、あんまりきれいな痩せ方ではなかったように思います。
気になっている脚はほとんど変わりません。
上半身が更に薄くなって、家族にも心配されてしまいました。
キャベツはバストアップに良いという説もありますが、私には当てはまらなかったみたいです。
今にして思えば、キャベツを食べるにしても、温かいスープにするとか、もっとやり方があったのにと思います。
単品に依存するダイエットはやめました。
どの部位が気になるのか、何が原因で太っているか、きちんと分析してから方法を考えようと思うきっかけになったダイエットでした。

今も太り気味なので痩せないとやばいです。太りたくない食べたい願望どうにかしないと…