私が経験した街コンの体験

私は40代男性です。今までに街コンはかなり経験しました。街コンはいろいろな女性とお話ができるのでとても楽しく、気が合えばおつきあいも可能になります。街コンは基本男性がお金を払って女性は無料のイベントが多かったと思います。テーブルに男性と女性が並んでいて順番で隣の女性と15分間話をして、また隣の女性と交代していく方法が主流でした。好感がもてる男性はオシャレで話が上手な人が女性には人気があり、女性に嫌われるタイプは服装に不潔感があり暗い男性が不人気でした。女性で人気が高かった人は容姿がいい人がやはり人気がありました。男性も女性も20代前半から30代後半の人が多かった印象です。女性の人は軽い気持ちで来ている人もいれば結婚を前提として来ている人もいるので判断が難しいところもありました。私は結婚を考えて街コンに行ってなかったので収入の事を聞いてくる女性に対しては適当に逃げていました。街コンは最後に気に入った人の席の番号を記入するのですが、カップルが誕生するのは男性15人女性15人合計30人で結ばれるのは6人くらいです。確率的に20パーセントくらいだと思います。私は何度もくやしい思いをしました。しかし運が良ければすぐにカップルになる時もありました。楽しい体験でした。婚活パーティー横浜っていうサイトにはそんな楽しい経験が出来る情報がてんこ盛りなどて皆さん一度見てみてはいかがでしょうか。横浜の情報はもちろん全国の情報もあるので安心ですよ!

気軽に婚活!街コンに行った話

合コンはちょっと…でも婚活パーティーにいくのはちょっと勇気がないなって友達がいて色々調べた結果、気軽に参加できる街コンに行ってきました。
20代女子×公務員男子のマッチングで渋谷エリアを選んで、友達と参加しました。
公務員男子の街コンは毎回女性の方が多いということでしたが、場所が場所なだけに男性の方が多いかな?っていう印象です。
会場はスポーツバーにです。
時間になると男女別で1列に並び3分のPRタイムをとり男性が横にズレていくという形式です。
アンケート用紙が事前に渡されており、ナンバープレートの番号の横に名前や職業、趣味などを書き込んでいきます。
一通りPRタイムが終わると乾杯があり、そのあとは立食パーティーのように各自、話や食事を楽しみました。

30分ほどで投票タイムに移り、自分の気に入った人を1位2位3位の順で選び投票します。
その後、なぜが男性、女性の人気1位が発表されぎくしゃくしたような空気が流れます。
人気のある男女は絶え間なく、話す相手はいますが好みの人がいなかったり話しかけづらいタイプの人達は一人ぼっちでいるのを見かけました。
そのあと1時間程あとに2度目の投票タイムがあり、1位2位3位の順で記入をしてマッチングしたカップルはみんなの前で発表されます。
私もカップリングはしましたが、それ以前に仲良くなった人が多すぎて5組ほどで二次会に行きました。
婚活というよりは飲み仲間が増えただけの街コンでした。

婚活パーティー広島というサイトでは街コンや婚活パーティー、合コンなどの対策も書かれているので一度見てみるも良いのかもわかりませんね。

私が経験した婚活アプリでの出会い

私は当時付き合っていた彼氏に浮気されていました。友達が前に婚活アプリ(出会い系)を利用し付き合ったことがあることを耳にしていた私は出会い系への抵抗は少ししかありませんでした。私は今まで付き合ってきた人がわりかし格好よく男らしいかたばかりでした。そのため面食いである程度女性に慣れている方でないと好きになりません。合コンや飲み会に参加しても確率が低いので参加意欲がありませんでしたし、周りの仲良くしている友達も結婚してしまったり彼氏が既にいる子であったりと一緒に男性と出会いに行く会に参加してくれる子もいなくなってしまいました。街コンや結婚相談所もあきらかに女性なれしていない生理的に厳しい人しかいないイメージが強くそこまでして新しい出会いを探そうとも思っていませんでした。出会い系ならサクラがいるかもしれないけど顔写真もみれるし嫌だったら会わなければいい、なにより気軽に出会いを探せるのが魅力でした。ある日タイプの人がいたので友達申請しました。ノリもよく感じがとにかくよかったので会う前に数回電話しました。連絡をとってから一週間後に直接会い、意気投合した結果、その一週間後に付き合おうといわれ付き合いだしました。そこからは幸せで、結婚の話もでて私はゴールインしました。いまはとても幸せです。婚活パーティー仙台というサイトを見ていなければそんな出会いも無かったと思います。

出会いの場に積極的に参加して婚活

私自身の実体験になりますが、合コンや友人からの紹介に限らず婚活パーティー金沢にも参加して積極的に出会いの場に参加するようにしていました。
婚活を始めた頃は、自分の年齢なら結婚していない人も周りにいるし、そこまで危機感のようなものも感じていませんでしたが、最近の老後や社会福祉などのニュースを目にするたびに将来が不安になり、本格的な婚活を始めました。
当然ながら、赤の他人と生活を共にすることになるので多少なりとは必死になっていましたが、相手との温度差を感じることもあったので積極的に参加しながらも、焦ることなく自分のパートナーになってくれるような方を選ぶようにしました。
勿論、時間や費用はそのような場所に参加する度に使いましたが自分への将来に対する投資だと思いながら、多少仕事やプライベートで疲れていても機会があれば参加しそこで何もなければ次といった感じにしていました。
また、出会いの機会を得ることが出来たのであれば、そこで自分が求めていたものがなくても、そこからの新たな出会いも大切にしていただきたいと思います。
おかげで、現在最高のパートナーと一緒になることが出来たので、個人的には自分で理由をつけて諦めるのではなく積極的に婚活を頑張って欲しいと思います。

一番痩せるのは早起きとウォーキングの習慣

現在161.7㎝、50~52㎏、7号の私ですが、3年ほど前までは体重65㎏以上のおデブさんでした。
年々落ちなくなる体重と11号以下の服を着たことがないというコンプレックス。バストはGカップ
あるし、目鼻立ちのはっきりした顔立ちと言われることも多く、それほど顔も悪くないのでは?と
密かに思っていても、お洒落な服装はサイズがなくて縁がないのです。
男性からは馬鹿にされてばかりだし、心なしか友人にも引き立て役としか思われていないのではないかという
態度を取られていました。
そんな私の転機は今の会社に就職したことでした。私よりもはるかに年上の人達とメタボ指数が同じことを
お局様にからかわれ、嫌みを言われ、その時にたまたま見かけた美魔女募集のネット記事を読み、いかに自分が
だらしのない体つきをしているのか、が身にしみたのです。
その翌日からお局様の嫌みを逆手にとってあからさまなアピールをしてダイエットを始めました。
先ず、会社ではエレベーターではなく階段を使います。他の人がエレベーターに乗っていても階段を使うのです。
さらに、お弁当のサイズをダウンさせた上に野菜を多めに取りました。ただし、夜は家族と食べるので食事制限は
しませんでした。加えて、朝に家から最寄り駅まで約3㎞~4㎞のを毎朝歩いて通いました。スマホのウォーキングのアプリを使い、1㎞を10分で歩くよう心がけました。
尚良かったことは、会社の人達は仕事開始の30分前には会社に到着されているので早寝早起きが出来たことです。
こんな生活を地味に続けた結果、1年経たずして9㎏のダイエットに成功しました!
ダイエットに成功した結果、友人と参加した街コンで彼氏もゲットできました(笑)
その彼氏とはお別れしてしまいましたが女性としての自信がつきました。
ダイエットに成功すると身体を動かすことが楽しくなり、ピラティスやサイクリングを楽しめるようになりました。
昔は運動が大嫌いだったのに、今では会社ではすっかりアクティブなイメージになってしまいました。
現在、その頃から更に5㎏のダイエットに成功し、リバウンドもなく、食べることのストレスもなく生活を楽しんでいます。
そんな自分の経験から、ダイエットに成功すると人生が変わる、と実感しています。そして、ダイエットには特に特別なことを
するのではなく、毎日ウォーキングや早起きといった習慣が大事なんだと思います。
今、特にダイエットを意識してはいませんが、早起きとウォーキングは続けています!ウォーキングでにっくきセルライトを落としたいと思います!セルライト落とし方誰か教えてください!

20代の筋トレダイエット

こんにちは、僕は20歳代の頃、仕事が終わった後に自宅で腹筋や腕立て伏せなどをして体を、鍛えていました。なぜかと言うと、お腹にすぐにぜい肉がついてしまい、このままじゃー彼女が出来ないと思って、やる気がある時は毎日50回ずつぐらいがんばりました。筋トレの雑誌なんかもたくさん読んで、どんな腕立て伏せが良いのか、どんな腹筋が効果があるのかといろいろと勉強しました。その他にも休みの日なんかには、近所の田んぼ道なんかの直線を(片道100メールぐらい)のところをジョギングで12往復ぐらいもしました。ジョギングは走った後の爽快感がやみつきになり、毎週1回は、ジョギングで走っていました。夜走ることがおおくて星なんかがキレイで心がいやされました。運のいい日は、流れ星なんかも見れて彼女が出来ますようにと、おねがいもしました。夏場は虫が飛んでいるので、けっこういやでした。冬場は、寒いので走り出すまでが気合いがいりました。そんなこんなで、今度は登山に挑戦してみようと思っい、がんばりました。初めは、富士山に登りました。その次は、南アルプスに登り、そしてその次は、奥穂高に登りました。最初はダイエット目的でしたが、いろんな事につながり、良かったと思います。下腹に効くダイエット法はこれ!

レモネードダイエットについて

私はネットでレモネードダイエットについての記事を見つけたので、やってみることにしました。
レモネードダイエットは、別名「マスタークレインズダイエット」ともいわれ、ビヨンセがこのダイエット方法を実践したという話も有名です。
このダイエット方法は簡単で、名前の通りレモネードを飲むだけです。
10日間にわたって、レモネードのほかに何も食べないプチ断食のようなものです。
レモネードの作り方は、メイプルシロップ大匙2杯、レモンの搾り汁大匙2杯。そして水300ccです。
それを混ぜたものを2時間ごとに、飲みます。詳しい話は、ネットを調べた方が分かりやすいのではないかと思います。
私はそれを5日間にわたって、行う予定で開始しましたが、結果失敗しました。
3日間、レモネードの身摂取していたところ、特に空腹を感じることもなく、体自体は健康そのもので、ほんの少し体がだるいかなと感じましたが、それもデトックスのサインと判断していましたので、特に何も感じていませんでした。
4日目、私は友人とテニスをしないかと誘われ、テニスを行いました。その時はなんだか、体がフラフラするかなという程度だったんですね。けれどそのあと、その友人たちとお風呂を入りに行きました。友人との風呂ということもあり、長風呂をしてしまい、ただでさえ体に糖が足りていない状態でしたので、そのまま低血糖で意識を失ってしまいました。その時は、アイスを取ってどうにかなったのですが。プチ断食ダイエットの恐ろしさを身をもって感じることができました。
そのダイエットの結果4日間で4kg落とすことはできましたが、成功と言えば成功。自分の中では失敗だったと感じる、ダイエットでした。それと友人が効果があると言ってたダイエットサプリでいづやのすっぽん酵素がとても良いって言ってました。どんなサプリか気になりますね。

流行したキャベツダイエット

もともと肥満体型というわけではなかったのですが、上半身に比べて下半身のボリュームが大きくて悩んでいました。
スタイルを気にしていた20代前半の頃は、健康情報番組でとりあげられたダイエット法はくまなくチャレンジするようなダイエットおたくでした。
キャベツダイエットが流行したのは、8年くらい前だったと記憶しています。
もともと野菜が好きではないので、苦労しました。
1日の中で、職場でとる昼食だけをキャベツに替えました。
持参した味噌をつけて、生のキャベツをかじって…貧乏な人みたいですね。
結果としては、確かに痩せました。
身長が168センチで、元が54~55キロだった体重が、50キロくらいになりました。
でも、あんまりきれいな痩せ方ではなかったように思います。
気になっている脚はほとんど変わりません。
上半身が更に薄くなって、家族にも心配されてしまいました。
キャベツはバストアップに良いという説もありますが、私には当てはまらなかったみたいです。
今にして思えば、キャベツを食べるにしても、温かいスープにするとか、もっとやり方があったのにと思います。
単品に依存するダイエットはやめました。
どの部位が気になるのか、何が原因で太っているか、きちんと分析してから方法を考えようと思うきっかけになったダイエットでした。

今も太り気味なので痩せないとやばいです。太りたくない食べたい願望どうにかしないと…

ダイエットの成功談と失敗談

スポーツをしていた20代前半の平均的な体重が65㎏でした。
そこからスポーツをしなくなってから食べる量もスポーツしていたころと変わらず朝昼晩とかなりの量を食べていました。
すると気づかぬうちに体重が85㎏と20㎏も増量してしまいました。顎のラインからお腹周りまえd脂肪がついてしまっていてその頃にようやくダイエットを試みることにしました。
もとはスポーツもしていたので運動すればすぐに体重も減るだろうと思っていたのですが、20㎏も増量して運動も全くしていない期間が長すぎたため少しの運動でばててしまい、いきなり運動からのスタートは諦めました。
次に試みたのは食事制限。カロリーの少ないものを食べたり夜ご飯の量を減らしたりと食に関するダイエットも試しましたが減っても3㎏でそれ以上の成果も現れず断念してしまいました。
いろいろと試しましたが成果の出ない日々が続き、筋トレダイエットと言うものにチャレンジしてみました。
スポーツはしていましたが筋肉トレーニングは大の苦手で、全くしたことがありませんでした。
続くがどうか不安でしたがサイトや友人などからの情報で試してみたところ。食事制限よりも遥かに成果が出ました。
筋肉の燃焼により脂肪も同時に燃焼され筋肉も引き締まる効果がみるみる現れやる気も増していき今では元の65㎏まで落としました。
特に筋トレだと筋肉痛が表れて運動しているなと体で分かるため向上心が芽生えたのでと思います。
筋肉がつくまではなかなか厳しいトレーニングもありますが、ついてくると当初できなかったトレーニングまで出来るようになり楽しさもあるのでおススメです。最近はさらに新しいダイエット法としてプチ断食という手法もあるみたいですね。プチ断食とは固形物を一切口にしないダイエット法ですが、飲み物は飲んでもいいらしいです。プチ断食飲み物で検索すると良さそうですね。

体を動かそう

若いときは食べても食べても太らない体型で、足が棒のようと言われるのがとても嫌でした。しかし、子供を3人産んでから、胃下垂だったのが上がってきて、食欲増進。嫌いだった食べ物が何でも食べられるようになり、体重が増えてきています。

朝は、ドライフルーツを食べたり、お昼を抜いたり、お昼を某メーカーのシェイクやゼリー、春雨などを食べたりしましたが、その反動で、夕飯にものすごく執着してしまい、たくさん食べるようになってしまいました。
夕飯を白米抜きにしたりも試しましたが、夜寝るときに、お腹がなってしまって、寝不足になり、イライラしてしまいました。
お昼だけ、シェイクにしたときは、2週間で1キロ落ちましたが、健康診断に合わせるのには、こんな方法があまり無理をせず、ちょこっと痩せるというので、良い方法だと思います。

5、6年くらい前に、ビリーのブートキャンプという、軍隊の人がやる訓練の、DVDを購入してやりました。
2週間でどのくらい痩せたかを報告すると、キャッシュバックとなるのに挑戦しました。
結果は2キロ痩せて、さらに足腰の筋肉、手や腹筋もつきました。
苦しいときもあるのですが、ビリーが励ましてくれるので、一緒に克服することが出来ます。

あの時を振り替えると、栄養をとるのも、大事だけど、やはり、体を動かすのが一番のダイエットになると感じました。

体を動かしつつ脂肪燃焼促進サプリを使用するとダイエットの効果はもっと増えるかもわかりませんね!